脂肪吸引後、美容整形手術後のインディバはいつから始めるべき?

A:術後のダウンタイムは症状に個人差があるため、1週間後からアフターケアを開始されるのをお勧めしております。
抜糸前でも可能ですので、お気軽にお問い合わせください。

この頃に始めると、より回復が早くなり仕上がりの形も良いと言われています。ご心配な方は開始可能な時期を担当執刀医にご相談ください。

術後一ヶ月以上経過してしまうと、内出血や組織破壊による拘縮の進行が進んでしまうため、回復には通常よりも時間がかかります。しかし、3ヶ月以内でしたら一般的なダウンタイムの最中といえるので何もしないよりはインディバをあてて頂くことで仕上がりは良くなります。

脂肪吸引後のインディバはできるだけ早い時期に短期間に集中して行うと効果的かつ回復も早まります。
アフターケアの推奨期間は3日〜7日に1回、3ヶ月〜6ヶ月間です。

術後一ヶ月以降からの開始はもう遅い?

A:術後一ヶ月以上経過してしまうと、内出血や組織破壊による拘縮の進行が進んでしまうため、回復には通常よりも時間がかかります。

しかし、3ヶ月以内でしたら一般的なダウンタイムの最中といえるので何もしないよりはインディバをあてて頂くことで仕上がりは良くなります。
脂肪吸引後のインディバはできるだけ早い時期に短期間に集中して行うと効果的かつ回復も早まります。

アフターケアの推奨期間は3日〜7日に1回、3ヶ月〜6ヶ月間です。

術後、インディバ をかけるのにおすすめの頻度は?

A:拘縮のピーク(術後2~3週目)を迎える前から施術を開始する場合は、1週間に1回のペースをおすすめしております。

体質により拘縮は繰り返されるため、コンディションに合わせてご来店ください。

術後何回インディバの施術を行った方が良い?

A:アフターケアの推奨期間は3日〜7日に1回、3ヶ月〜6ヶ月間です。

手術の部位、術後の経過によって個人差がありますので最適な回数をカウンセリングでご提案させて頂きます。お得なモニター回数券もございますので、気軽にお問い合わせください。

また、同時にご自宅で出来るアフターケアもご案内しながら、皆様のダウンタイムを最大限サポートいたします。

韓国で美容整形手術を受けてきました。アフターケア可能ですか?

A:もちろん可能です。

インディバケア プラチナム恵比寿は日本だけではなく韓国のクリニックとも提携を結んでいます。韓国で美容整形手術を受けたお客様が安心して私達のサロンで施術を受けられるように、提携先の院長先生にて指導、アドバイス、を受け施術を行なっております。

同じ日にインディバとハーブピーリングの同時施術はできますか。

A:はい、可能です。

ハーブピーリングの前にインディバをあてることにより、肌代謝が活発になりハーブピーリングの効果が高まるためおすすめです。オプションとして短時間の施術も可能ですのでお気軽にお問い合わせください。

顔のほくろ取りをしました!そこを避けながらハーブピーリングの施術をしても大丈夫でしょうか。治るまで施術はやめた方が良いですか。

A:施術を受けた範囲や状態にもよりますが、かさぶたの状態であれば問題ございません。ハーブピーリングにより急速に肌の代謝を促すため傷の治りも促進します。

しみ取りレーザーをした後にハーブピーリングをしても肌に影響はないのでしょうか。

A:シミとりレーザーの種類にもよりますが、ダウンタイムのないものであれば術後1カ月あけていただければ、問題ございません。

ハーブピーリングの効果が出づらい方はどんな方でしょうか。

A:初めてハーブピーリングをする方、血行が悪い方はハーブが毛穴に入りづらく1度で効果が出ない場合もあります。

そういった方にはインディバをオプションで付けていただくことを推奨しております。ハーブピーリング施術前にインディバを20分程度当てることによりハーブの浸透力が上がります。

花粉でお肌が肌荒れ起こしている方は、ハーブピーリング後に症状は改善されますか。

A:インディバケアプラチナム恵比寿で導入しているハーブピーリングは、花粉による炎症を鎮める効果もございます。また、施術後デトックス反応が出やすいため、ハーブピーリング使用一週間前から特にいつも以上に保湿を徹底してください。

ニキビ体質の方は何回ハーブピーリングをすれば改善されますか。

A:お客様によって体質が全く違うため、改善までの施術回数は決まっておりませんが平均5回〜ほどで大きく改善が見られます。

『繰り返すたびに、ニキビの炎症が良くなり、ニキビ跡も消え、新しいニキビが出来にくくなっている』お客様が多く、続けることにより「ニキビ改善」→「ニキビ跡改善」→「お肌が発光してくる」お肌の好循環が生まれています。

ハーブピーリングの施術直後に飲酒をしても大丈夫でしょうか。

A:アルコール摂取時は身体が疲れていたり免疫が落ちている、もしくは過敏状態になっていることがございますので好転反応が過剰に出る場合があります。そのため、施術当日の飲酒は避けてください。

植物アレルギーの方は施術できますか?

A:ハーブピーリングパウダー含有原料のスギナ葉、ブクリョウ(茯苓)、カイコ、ドクダミ、ハンゲショウ葉/根エキス、イオウのアレルギーをお持ちの方はご使用いただけません。植物アレルギーといっても何百万種類とありますので、その中で何の植物アレルギーなのかによって異なります。ご不安な方は、施術前にパッチテスト(一部に1時間塗布)をすることをおすすめ致します。

ハーブピーリングは思春期にきびにも使用可能でしょうか。何歳から使用可能ですか。

A:インディバケアプラチナム恵比寿で導入しているハーブピーリングは、思春期にきびにも使用可能です。思春期にきびの改善目的で親子でご来店されるお客様も多くいらっしゃいます。5歳のお子様でも使用可能なため、安心してお使いいただけます。

くまはハーブピーリングで薄くなりますか。

A:くまは血行促進することにより緩和されるため、ハーブピーリングにより細胞が動き血行促進の効果で改善がみられる方もいらっしゃいます。施術中、顔がポカポカする感覚を体感する方も多いです。

ビニール肌なのですが、施術は可能でしょうか。また、ビニール肌になったりしませんか。

A:インディバケアプラチナム恵比寿で導入しているハーブピーリングはビニール肌の方にも施術可能です。ビニール肌の方は一見綺麗に見えるかもしれませんが、敏感肌で状態も良くありません。ハーブピーリングをすることによって肌の基礎ができふっくらした健康な肌になります。またハーブピーリングのお名前に「ピーリング」とつきますが、実際には肌を剥がすものではないのでご安心くださいませ。

ハーブピーリング後、お顔が乾燥気味、ほほが一部うっすら赤くなっています。赤くなるのはデトックス反応が出ていると思いますが乾燥もデトックス反応なのでしょうか。

A:赤み(軽い炎症)に伴い乾燥が生じているのだと思います。しっかり保湿していただければ症状が和らぎます。今後のハーブピーリング時にも同様の反応を示す可能性がありますが、肌の生まれ変わりの際に出る反応ですので特に問題はございません。冬場の空気の乾燥は症状を助長することがございます。しっかりとした保湿ケアをお願い致します。